FC2ブログ
奈良県は生駒市で関西風の職人の味!「うどんスープ」「うどんだし」「うどんつゆ」を販売する堀内栄研が運営するうどんつゆ.comの店長ブログ!
2019年08月30日 (金) | 編集 |
0rebaer_kimushi.jpg
鶏レバーのキムチ炒め

夏バテはこれから!!スタミナ満点!!

■材料・・4人前


鶏レバー...300~350g

[下味]
酒...大さじ2
しょうゆ...大さじ1
土ショウガ(すりおろし)...1片分
白菜キムチ...200g
白ネギ...1/2本
水煮タケノコ...1/4本(60g)
ニラ...1束
卵...2個

[調味料]
砂糖...小さじ2
しょうゆ...小さじ2
塩コショウ...少々
サラダ油...大さじ2.5
0tyuka2.jpg
堀内栄研の中華スープの素...小さじ2


①鶏レバーは水洗いして水に放ち、20分置いて水気をきる。
大きい場合は斜め切りにし、<下味>の材料をからめる。
(ヒント)調理時間に水に放つ時間は含みません。
②白菜キムチが大きい場合は、食べやすい大きさに切る。
③白ネギは斜め薄切りにする。
④.水煮タケノコは薄切りにする。
⑤ニラは根元を切り落とし、長さ4cmに切る。
⑥卵は溶きほぐす。
⑦フライパンにサラダ油大さじ1を強火で熱し、卵を一気に流し入れて
菜ばしで大きく混ぜ合わせ、半熟になったらいったん取り出す
⑧残りのサラダ油を熱し、汁気をきった鶏レバーを炒める。
肉の色が変わったら白菜キムチ、白ネギ、水煮タケノコを加えて炒め合わせる。
⑨全体に炒められたら<調味料>の材料を加えてサッと炒め合わせ、
最後にニラと(7)の卵を加えて炒め合わせ、器に盛る。


2019年07月22日 (月) | 編集 |
00000000000000000000000000_011natsu_karei_o.jpg
食欲のない夏はカレー風味!!カレーチャーハン(^O^)/

■材料・・・・4人前

ご飯...お茶碗4杯分
卵...1個
冷凍シーフード...1.5カップ
塩...小さじ1
ピーマン...1~1.5個
赤パプリカ...1/2個
土ショウガ...1/2片
カレー粉...大さじ1
塩コショウ...少々
しょうゆ...小さじ1
サラダ油...大さじ2
●★堀内栄研のコンソメスープ..小さじ1
0000000000000ssss_konsomeee_201407161137256ca.jpg

★作り方


①先に!ご飯に卵を混ぜ合わせます。

②冷凍シーフードが便利です!少し塩を入れた熱湯で戻して下さい。

③ピーマン、赤パプリカはヘタと種を取りみじん切りにします。

④土ショウガは皮をむき、細かいみじん切りにする。

⑤鍋にサラダ油大さじ1/2、土ショウガを入れて中火にかけ、
香りが立ってきたらシーフードを炒め、
続いてピーマン、赤パプリカを炒めていったん取り出す。


⑥残りのサラダ油を加えて卵とあわせたご飯を炒め、
塊がなくなったら⑤を戻し、混ぜながら炒めて下さい。
堀内栄研のコンソメスープの素をパラパラ!
カレー粉、塩コショウを加えて全体に炒め合わせる。

⑦全体に炒められたら、最後にしょうゆを加えて炒め合わせ、器に盛り分ける。


2019年07月22日 (月) | 編集 |
okonomi.jpg
ぼちぼち・・・夏の気配が!!
おいしい食べ物でビールも最高ですね(笑)

麺を具に混ぜればボリュームたっぷりのお好み焼きに大変身

■材料....直径27cmフライパン1枚分

冷麦...150g(茹でたもの)
キャベツ...150~180g
長ネギ...50g
いかげそ...150g
プロセスチーズ...50g
レンコン...50g
桜エビ...10g
サラダ油...大さじ1
豚バラ肉(薄切り)...100g
A:薄力粉...70g卵...1コ
★堀内栄研のにほんだし・・・3g
nihon_dai_1k.jpg


水...75ml
お好み焼きソース...適量
マヨネーズ...適宜
青のり...適宜
カツオ節...適宜
①冷麦はザク切りにし、キャベツは4~5cm長さの太めのせん切り、
長ネギは小口切りにします。

②いかげそは適当な大きさに切り、プロセスチーズは5mm角に切ります。
レンコンはすりおろします。

③ボウルにAと(1)、(2)、桜エビを加えて混ぜます。

④フライパンを熱し、サラダ油を入れて(3)を流し、平らにします。
上に豚バラ肉をのせ、蓋をして焼きます。

⑤円の周りが少し固まってきたら裏返してさらに焼きます。

⑥両面が焼きあがったら、お好み焼きソースを塗り、
好みでマヨネーズ、青のリ、かつお節をかけます。



2019年07月22日 (月) | 編集 |
1GUM07_PH04035.jpg
みんな大好き本格冷やし中華

■材料・・4人前

中華そば...5玉
錦糸卵...玉子3~4個分
ハム...適量
エビ...5匹
カニ....5本
胡瓜...1本
紅ショウガ...適量
練り辛子...適量
後から追加する酢(できれば黒酢)...大さじ3

●(A)堀内栄研の中華スープの素...大さじ5
repi_tyuka2.jpg

A)醤油...大さじ5
(A)砂糖...大さじ6
(A)酢...大さじ4
(A)ごま油...大さじ1
(A)煎りゴマ...大さじ2


①スープの材料(A)をあわせ、軽く沸騰させる。※軽く
火を止めてさらに酢大さじ3を加え、
荒熱が取れたら冷蔵庫で冷やしておいてください。

②胡瓜は10秒ほど熱湯にくぐらせてから冷水に取り、千切りにします。
エビは背ワタを取って茹でて下さい。カニは殻から身を出しておいて下さい。
もちろん!カニかまでもOKです!
お好みでキクラゲや白髪ねぎをどうぞ!
甘辛く煮た椎茸を千切りも添えれば抜群です。

③中華そばは袋に記載の規定の時間茹で、
冷水で締めてよく水を切る。※だしが薄まるのでしっかり水気を切って下さい。

④お皿の中央に麺を小高く盛り付ける。
麺の斜面に長さをそろえた胡瓜、や用意した材料を載せる。

⑤残りのスペースに錦糸卵を盛り付け、良く冷やしたスープを
たっぷり回し掛ける。紅生姜と練りカラシを添えて完成です。


堀内栄研 うどんつゆ.com
http://www.udon-tuyu.com/kisetsu_reshipi.html

2019年06月28日 (金) | 編集 |
000tanabata_soumen_.jpg

★七夕キラキラそうめん)^o^(
つゆを寒天とゼラチンで固めてキラキラゼリーにしました!

◆材料・・・4人分

素麺...4束
レタス...1/2個
細ネギ...1/3束
プチトマト...8~12個
ミョウガ...1個
大葉...10枚
オクラ...2~3本

[薄焼き卵]
卵...2個
サラダ油...少々

[キラキラつゆ]
堀内栄研のだし汁...280~300ml
hiyasi_menntuyu_image2.jpg

●冷やしめんつゆ
かつお節、昆布、しいたけ等の天然主原料のみで製造された風味、
最高級の冷やしめんつゆです。
鰹、昆布、椎茸等の天然主原料のみで製造された風味、
コクのある最高級の冷やしそうめんつゆの素です。

★美味しいお召し上がり方!
1人前6gを水90mlに加熱し
その後!冷却するだけで美味しいめんつゆが
お楽しみ頂けます。

★美味しいご利用方法
冷やしめんつゆはもちろん!天つゆや丼だし素、鍋物のつけ汁
その他あらゆる和風料理にご利用下さい。


★保存方法・使用上の注意
●直射日光・及び高温多湿の場所を避け、開封後は冷凍庫にて
保存していただき、なるべくお早めにご使用ください。

作り置き甘酢...60~80ml
しょうゆ...大さじ1
塩...少々
土ショウガ汁...大さじ2
粉寒天...4g
粉ゼラチン...5g
水...大さじ4


①<キラキラつゆ>を作る。粉ゼラチンを水に振り入れふやかしておく。
鍋に<キラキラつゆ>の材料を入れて粉寒天を振り入れ、
火にかけて煮立ってきたら、煮立った状態で混ぜながら1分煮る。
ふやかしたゼラチンを加えてよく混ぜ、鍋底を氷水にあてトロミがつくまで冷やす。
水でサッとぬらしたバットに入れ冷蔵庫で冷やし固める。

②.レタスはせん切りにして水に放ち水気をきって、盛りつける直前まで冷やしておく。

③細ネギは根元を切り落とし、長さ3cmに切る。

④プチトマトはヘタを取って水洗いし、縦半分に切る。

⑤ミョウガは縦薄切りにし、水にさらして水気をきる。

⑥大葉は軸を切り落とし縦半分に切って幅6~7mmに切り、水に放って水気をきる。

⑦オクラはまな板に並べて分量外の塩をかけ、
手のひらで転がしながら繊毛を取って熱湯でサッとゆで水に取る。
ヘタを落として幅5~6mmの輪切りにする。

⑧<薄焼き卵>を作る。卵は1個ずつ割ってよく混ぜ、サラダ油を
薄くひいたフライパンを熱して卵液を流し入れ、卵液をフライパン全体に広げる。


⑨表面が乾いて縁が少し浮いてきたら指先を水でぬらし、
薄焼き卵をひっくり返す。乾く程度に焼いて、まな板に移す。
もう1枚同様に焼く。幅4~5cmに切って重ね、幅5~6mmの錦糸卵にする。

⑩<キラキラつゆ>が固まっているのを確認して、素麺をゆでる。
素麺はたっぷりの熱湯にパラパラと入れ、麺どうしがくっつかないように
時々菜ばしで混ぜながらゆでる。ザルに上げ、流水をかけて冷まし、
冷水に取ってよく洗い、水気をきる。

⑪素麺にレタス、細ネギ、ミョウガ、大葉、<薄焼き卵>を混ぜ合わせて器に盛る。
<キラキラつゆ>を細かく刻んでたっぷりかけ、プチトマトとオクラを散らす.