FC2ブログ
奈良県は生駒市で関西風の職人の味!「うどんスープ」「うどんだし」「うどんつゆ」を販売する堀内栄研が運営するうどんつゆ.comの店長ブログ!
2018年09月03日 (月) | 編集 |
秋刀魚の炊き込みご飯
sannma_gohan_.jpg

■材料(2合分)

米・・・二合
秋刀魚・・・一尾
ゴボウ、人参などの野菜・・・適量
生姜みじん切り・・・ひとかけら分
ネギ・・・2本
しょうゆ・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
酒・・・大さじ2
●★堀内栄研のにほんだし・・・大さじ2

nihon_dai_1k_20171012112826766.jpg

炒りゴマ・・・お好みで


①先に秋刀魚を半分に切り、塩焼きにします

②お米を洗い水を切ります。
野菜類はは千切りに切りにして準備。

③厚手の鍋に②のお米を入れ、調味料と合わせて360ccの水を入れる。
野菜と生姜も入れる

④焼いておいた秋刀魚を乗せます。中火をかける。

⑤沸騰したら、火を弱火にして15分間炊く。
15分経ったら火をとめてください。

⑥炊き上がったらそのままで15分蒸らす。

⑦秋刀魚の骨を取り除き、御飯混ぜてください。
これで完成です!!




2018年09月03日 (月) | 編集 |
★秋はまったけご飯
1GUM07_PH02100_20180903155245af1.jpg

やっぱり!秋はまったけご飯(^O^)/

★材料(4人分)
●米...2合
●マツタケ(約100g)...1~2本
●油揚げ...1/2枚
●酒...小さじ1~2
●醤油...小さじ1
●★堀内栄研のにほんだしで作った!だし汁...適量

nihon_dai_1k_20171012112826766.jpg
①米は出来るだけ炊く30分前に研ぎ、必ずザルにあげておきましょう。

②マツタケは鉛筆を削るようにして石づきを取ります。
乾いたペーパータオルで汚れを拭き取り、さっと濡らしてグリルで軽く焼きます。
グリル 両面焼き-2分 片面焼き-2分、かえして1分
風味が引き立ち香ばしさも出ます。

③油揚げは熱湯をかけて油抜きをしてください。
冷めたら水分を絞って短めのせん切りにし、
下味をつけます。

④炊飯器に具と出し汁、入れて炊きます。

2018年09月03日 (月) | 編集 |
★まったけの茶わん蒸し
zz_matsutake_.jpg


■材料・・・・2人分

[卵液]
卵...2個
●★堀内栄研のにほんだしで作っただし汁・・・300ml

nihon_dai_1k_20171012112826766.jpg

酒...小さじ2
塩...小さじ1
薄口しょうゆ...小さじ2/3
鶏もも肉...1/3枚

▲下味
酒...大さじ2
砂糖...小さじ2
しょうゆ...小さじ1

マツタケ...半分
シイタケ(干し)...2個
カマボコ(薄切り)...4枚
ギンナン(水煮)...4個
ミツバ(刻み)...1/4束分


①<卵液>の材料を混ぜ合わせ、網に通しておく。

②鶏もも肉はひとくち大に切る。鍋に<下味>の材料を入れて煮たたせ、
鶏もも肉を加えて炒りつけるように2~3分煮て、粗熱が取れたら取り出す。

③シイタケは150~200mlの分量外のぬるま湯で柔らかくもどし、
軸を切り落として水気を軽く絞る。もどし汁100mlをこして鶏もも肉を煮た鍋に入れ、
シイタケも加える。煮汁が少なくなるまで煮含め、冷ます。

④蒸し器を湯気が上がる状態に準備しておく。
蒸し器の蓋にタオルを巻き、水滴が茶碗蒸しに落ちないようにしておく。

⑤大鉢に<卵液>の半量強を入れ、湯気の上がる蒸し器に入れる。
強火で1分、弱火で15分蒸して少しかためる。

⑥ミツバ以外の具を並べ入れ、残りの<卵液>をそっと注ぎ、
弱火で12~15分蒸す。ミツバを散らし、取り分けてお召し上がり下さい。

2018年06月25日 (月) | 編集 |
土曜日は、第40回目の生駒駅前100円商店街。昼前から心配していた雨になりましたが・・・それでも多くのお客様に来て頂きました。堀内栄研本社前も大盛況でした。ありがとうございました。
middle_1529890980.jpg

middle_1529890909.jpg



2018年06月20日 (水) | 編集 |
000tanabata_soumen_.jpg

★七夕キラキラそうめん)^o^(
つゆを寒天とゼラチンで固めてキラキラゼリーにしました!

◆材料・・・4人分

素麺...4束
レタス...1/2個
細ネギ...1/3束
プチトマト...8~12個
ミョウガ...1個
大葉...10枚
オクラ...2~3本

[薄焼き卵]
卵...2個
サラダ油...少々

[キラキラつゆ]
堀内栄研のだし汁...280~300ml

0_lll.jpg

●冷やしめんつゆ
かつお節、昆布、しいたけ等の天然主原料のみで製造された風味、
最高級の冷やしめんつゆです。
鰹、昆布、椎茸等の天然主原料のみで製造された風味、
コクのある最高級の冷やしそうめんつゆの素です。

★美味しいお召し上がり方!
1人前6gを水90mlに加熱し
その後!冷却するだけで美味しいめんつゆが
お楽しみ頂けます。

★美味しいご利用方法
冷やしめんつゆはもちろん!天つゆや丼だし素、鍋物のつけ汁
その他あらゆる和風料理にご利用下さい。

★無添加
本品には合成着色料・合成保存料・合成甘味料
化学調味料等は一切使用しておりません。

★原材料名
かつお節・さば節・昆布・しいたけ・食塩・
しょうゆ(小麦由来)・調味料(アミノ酸)

★保存方法・使用上の注意
●直射日光・及び高温多湿の場所を避け、開封後は冷凍庫にて
保存していただき、なるべくお早めにご使用ください。

作り置き甘酢...60~80ml
しょうゆ...大さじ1
塩...少々
土ショウガ汁...大さじ2
粉寒天...4g
粉ゼラチン...5g
水...大さじ4


①<キラキラつゆ>を作る。粉ゼラチンを水に振り入れふやかしておく。
鍋に<キラキラつゆ>の材料を入れて粉寒天を振り入れ、
火にかけて煮立ってきたら、煮立った状態で混ぜながら1分煮る。
ふやかしたゼラチンを加えてよく混ぜ、鍋底を氷水にあてトロミがつくまで冷やす。
水でサッとぬらしたバットに入れ冷蔵庫で冷やし固める。

②.レタスはせん切りにして水に放ち水気をきって、盛りつける直前まで冷やしておく。

③細ネギは根元を切り落とし、長さ3cmに切る。

④プチトマトはヘタを取って水洗いし、縦半分に切る。

⑤ミョウガは縦薄切りにし、水にさらして水気をきる。

⑥大葉は軸を切り落とし縦半分に切って幅6~7mmに切り、水に放って水気をきる。

⑦オクラはまな板に並べて分量外の塩をかけ、
手のひらで転がしながら繊毛を取って熱湯でサッとゆで水に取る。
ヘタを落として幅5~6mmの輪切りにする。

⑧<薄焼き卵>を作る。卵は1個ずつ割ってよく混ぜ、サラダ油を
薄くひいたフライパンを熱して卵液を流し入れ、卵液をフライパン全体に広げる。


⑨表面が乾いて縁が少し浮いてきたら指先を水でぬらし、
薄焼き卵をひっくり返す。乾く程度に焼いて、まな板に移す。
もう1枚同様に焼く。幅4~5cmに切って重ね、幅5~6mmの錦糸卵にする。

⑩<キラキラつゆ>が固まっているのを確認して、素麺をゆでる。
素麺はたっぷりの熱湯にパラパラと入れ、麺どうしがくっつかないように
時々菜ばしで混ぜながらゆでる。ザルに上げ、流水をかけて冷まし、
冷水に取ってよく洗い、水気をきる。

⑪素麺にレタス、細ネギ、ミョウガ、大葉、<薄焼き卵>を混ぜ合わせて器に盛る。
<キラキラつゆ>を細かく刻んでたっぷりかけ、プチトマトとオクラを散らす.