奈良県は生駒市で関西風の職人の味!「うどんスープ」「うどんだし」「うどんつゆ」を販売する堀内栄研が運営するうどんつゆ.comの店長ブログ!
2014年11月18日 (火) | 編集 |
今年は!寒くなるのが早い感じがしませんか・・・今晩も冷え込んでるみたいです。これから!
どんどんと寒くなります・・・そこで!堀内栄研の出番です(*^^)v
寒~い冬は!身も心も暖まるお鍋で(*^^)v


00000000000000000000000000dote.jpg

■材料・・・・4人分

カキ(むき身)...250~300g
白ネギ...2本
里芋...4個
塩(もむ用)...少々
白菜...1/8~1/4株
ニンジン...1/2本
エノキ...1パック
セリ(又はミツバ)...1束
塩...少々

[だし汁]
水...1000ml
●★堀内栄研の純ほんだしで...大さじ1
hondasi_2.jpg

昆布(10cm角)...2枚

[合わせみそ]
みそ...180~200g
酒...大さじ3
砂糖...大さじ3

[薬味]

刻みネギ...適量
白ゴマ...適量
ゆでうどん玉(又はゆできしめん)...2~3玉
七味唐辛子...適量

①カキはザルに入れて、分量外の塩を入れた水でザルを振り、
カキを振り洗いする。

②白ネギは4cmの長さに切り、フライパンで軽く焼き色が付くまで焼く。

③里芋は皮をむいて大きい場合は食べやすい大きさに切って、
塩少々でもみ洗いし、そのまま水から強火にかけ、
煮立ったら火を少し弱めて5~6分ゆでる。ザルに上げてゆで汁を捨て、さっと水洗いする。

④白菜は食べやすい大きさに切る。ニンジンは皮をむき、
食べやすい大きさに切る(輪切りにして型抜きしてもいいですね)。

⑤エノキは食べやすい大きさにさばく。セリ又はミツバは水洗いして
根元を切り、4cmの長さに切る。

⑥<だし汁>の昆布は水1000mlにつけておく。
<合わせみそ>をよく混ぜ合わせる

⑦鍋の縁に土手を作る様に<合わせみそ>を塗り付ける。
できたら鍋をひっくり返してガス火で軽くあぶると、みそが焦げて香りが立ちます。
(ガスバーナーであぶってもいいですね)

⑧⑦の鍋に<だし汁>を加え、火にかけ煮立ったら、
カキの半量を加える。カキでみその土手を崩す様にみそを溶き、
お好みの<薬味>で、煮汁と共にカキをいただく。
(煮過ぎるとカキが固くなってしまいますので注意して下さい。)

⑨野菜、残りのカキを加える。煮汁が少なくなったら<だし汁>を加える。
スポンサーサイト